呉市川尻町にて医院・介護事業を展開する医療法人社団 住吉医院
医療法人社団 住吉医院>ごあいさつ
医療法人社団住吉医院の理念

こんにちは。
私達のホームページをご覧いただきありがとうございます。

初めましての方も
いつもお世話になっている、患者様・利用者様、そしてご家族の方も
改めまして、医療法人社団 住吉医院
理事長の住吉睦人と申します。

住吉医院のこれまで

私は昭和57年に、母親の郷である、ここ川尻の地に住吉医院を開院しました。
当時は近隣に病院も少なく
現在のように各科の専門医の先生方も多くいらっしゃいませんでした。
そこで(私は元々小児科を専門としていたのですが)
内科や整形外科、救急の対応から往診まで
皆様のためになればと、何でも屋のように一生懸命やってまいりました。

また、介護保険の始まった年には、デイケア、デイサービスもスタートしました。
キッカケとなったのは母親の介護でした。
母、そして母の介護をする妻の姿を見て、介護はなんと大変なものだ
と痛感させられたことを覚えています。
『ご家族の介護をする皆様も、同様に大変な思いをされているはずだ!』
少しでもそんな方々の力になれたらとの思い、そして友人の助言もあり
私は介護事業の第一歩を踏み出す決意をいたしました。
しかしそんな思いとは裏腹に、当時はスタッフを集めるのも一苦労。
募集をしてもなかなか応募がなく、開設日をずらしたことも
今となってはいい思い出です。

『ファミリー』について

ここで少し、私たちの理念にもある『ファミリー』の話をさせてください。
『ファミリー』とは、私達が関わる全ての方を家族のように接したい
という思いから生まれた言葉で
患者様・利用者様そしてそのご家族などを含め
私たちが係る全ての方々を『ファミリー』と呼んでいます。
私たちは『ファミリー』の幸せのための医療・介護を
提供していきたいと考えています。
家族のためならば、してあげられることに限りがないように
私たちの医療・介護は『ファミリー』のために
限界がないものでなければいけないと考えています。

さらに、住吉医院で共に働くスタッフも『ファミリー』です。
仕事は楽しくなければならないものです。
そして会社は自分自身を成長させる場でなければいけません。
患者様・利用者様を最優先しながらも
スタッフの幸せ、つまり楽しい仕事そして成長できる職場の環境が
犠牲になってはいけないとも考えています。

今までも、そしてこれからも

開院から約30年、『ファミリー』の幸せを思い
住吉医院は地域の皆様の要望に応えられるようにと今日までやってまいりました。
一診療所から始めた私達ファミリーの『家』たるこの会社も
今では介護施設4棟(8事業所)、職員数96名にまで成長いたしました。
2012年春には、サービス付き高齢者向け住宅
「ケアビレッジ オーシャンローズ」
を開設いたしました。

これもひとえに、地域の皆様・患者様・利用者様そして当社のスタッフ
つまり私達が『ファミリー』と呼ぶ皆様方のおかげだと思っています。
今後も患者様・利用者様、地域の皆様そして当社のスタッフ=『ファミリー』と共に、住吉医院は歩みを進めていきたいと思っております。

どうぞよろしくお願いいたします。